家づくりコラム土地探しの常識にとらわれないで ~家づくりコラム

HOME > 家づくりコラム > 土地探しの常識にとらわれないで ~家づくりコラム
2020-10-08

土地を探すときには世間の常識にとらわれず、自分のニーズに沿うことが大切です。

 

■「南向きがいい」という常識
どのような常識があるかといえば、例えば「南向き」がよいという考えです。
多くの人が考える「南向き」は、道路が土地の南側に面していること。いわゆる「南面道路」の土地です。

たしかに住宅密集地では、南側に道路がある土地の方がよい陽当りを期待できます。
自分の家の南側に家が建ち、太陽の光が遮られる心配がないからです。
陽当りがよければ部屋が明るく、洗濯物も乾きやすいなどさまざまなメリットがあります。

 

■南面道路で不都合も
しかし、南面道路による不都合もあります。
例えば、南面道路の土地を買って北寄りに家を建てたものの、家の南側にあまりスペースがないとき。家の南側に洗濯物を干したり、
南向きのリビングでくつろいだりするときに、道を通る人の目が気になってしまいます。

そもそも、都市部の住宅密集地でなければ、道路が土地の北側に面していても日射を確保できる可能性があります。
建物を土地の北に寄せ、玄関も北に配置。リビングを南向きにし、土地の南寄りを庭にすればよいのです。

 

■なにを最優先にする?
そこで大切なのは、家を建てるご家族にとって最優先の事柄はなにか? ということです。
南面道路の土地は評価が高く、価格も上がるため、同じ資金で購入できる広さが変わってきます。
広めのゆったりとした家を建てたいなら、あえて南面道路ではない土地を探すのもいいでしょう。
お子さんの学区や通学時間の短さなどを優先するため、南向きにこだわらないという考え方もあります。

 

■土地探しをお手伝いします
デザインスタジオは土地探しをお手伝いします。
私たちは不動産会社ではありませんので、土地を売ることが目的ではなく、理想の家をきちんと建てていただくことを目指しています。
土地と家のことをトータルに考えて、「どのような暮らしを実現できるか」という視点でご提案をします。
土地についてもデザインスタジオにお気軽にお問い合わせください。

無料見積もり

Copyright©Design Studio. All Rights Reserved.