家づくりコラム照明の色を使い分けると暮らしが変わる ~家づくりコラム

HOME > 家づくりコラム > 照明の色を使い分けると暮らしが変わる ~家づくりコラム
2020-09-24

味覚の秋。読書の秋。
様々な生活シーンに合わせて照明の色を切り替えると、食べ物をさらに美味しく感じたり、本に集中したりできる環境をつくれますよ。

最近では、あたたかみのある光や、活気のある白っぽい光など、照明の色や明るさを切り替えられる器具が手ごろな値段で手に入ります。

 

夕食にはあたたかみを感じるあかりを
家族がそろう夕食では、電球のようにあたたかみのある光を取り入れると、お料理の色味が引き立ちます。食卓の雰囲気まであたたかくなり、ゆったりと食事を楽しめますね。

 

勉強や読書には青白い光
これからの季節、だんだんと日が短くなります。夕方、お子さんがダイニングテーブルで宿題をするときにも照明が必要になるかもしれません。
そんなとき、青白い光を取り入れれば文字が読みやすくなって集中力アップの助けになります。
青白い光は、秋の夜長に読書を楽しむときにもおすすめです。

 

1日の家事が終わって家計簿を付けるときには、作業の効率だけでなく睡眠への影響も考える必要があります。両方のバランスを取って、青白さを抑えたニュートラルなあかりを選ぶとよいでしょう。

 

 

灯油らんぷのゆらめき
ホワッとした光で室内を照らす“灯油らんぷ”は、くつろぎの空間づくりに最適です。
ゆらめく光を眺めるだけで、ホッとしますよ。

 

皆さんもぜひ、照明の色や明るさを自由に変えて生活シーンにぴったりのライティングを楽しんでみてください。

 

無料見積もり

Copyright©Design Studio. All Rights Reserved.