Trivia換気機器をつけて快適な暮らしを

HOME > リフォーム豆知識 > 換気機器をつけて快適な暮らしを
2020-02-17

寒い季節が終わり春の兆しが少しずつでてきています。

春からだんだんと季節は良くなり、

部屋の中の空気も清々し空気へと変わりつつあります。

空気の入替のために窓を開けるのも良いですが、空気がスムーズに各部屋に動く

24時間換気をするのはいかがでしょうか?

 

【シックハウス症候群対策にもなる24時間換気機器】

「24時間換気機器」は2003年の建築基準法改正によって、住宅の新築時、増改築、大規模修繕時に設置が義務付けられました。

24時間換気機器は大きく分けると「個別換気」と「セントラル換気」に分別されます。

*「個別換気」とは、部屋ごとに換気機器を取り付けるシステム*

何畳で1つといった具合に、その機器ごとに取付条件が決まっているので風量計算の必要がなく便利です。

ただ、屋外の風の影響を受けやすく、直接部屋に取り付けるため音の問題もあります。

*「セントラル換気」は、1つで住居全体の換気を行うシステム*

本体を主に天井裏に取り付け、ダクトで各部屋の換気を行い、音が静かであり、各住宅に適した計画換気を行うことが可能です。

デメリットは取付に手間がかかる点やコストが高くなる点があります。

こういったご相談やリフォームをお考えのお客様はぜひデザインスタジオにお問い合わせください。

素敵なご提案させていただきます。

Copyright©Design Studio. All Rights Reserved.