リフォーム豆知識間取りが大事!コミュニケーションがとれる子供部屋をつくるポイント

HOME > リフォーム豆知識 > 間取りが大事!コミュニケーションがとれる子供部屋をつくるポイント
2020-05-22

子供の仕事は『遊び』と『勉強』。

親の立場からすると、子どもにはたくさんのことを学びながら成長していってほしいと願うものですね。

子供部屋は必要か?広さはどれくらい?宿題はどこでさせる?など、子育てと間取りに関する悩みは尽きません。

 

子育て世代の家の間取りで一番大切なことは『家族が自然に顔をあわせられること』。

家族の気配を感じられる間取りは子どもを安心させ、自分から机に向かう子供を育てます。

例えば、壁の少ないオープンな間取りで、キッチンが住まいのほぼ中央に位置していると、ママの家事導線が家中に伸びていくため、子どもの導線と交わりやすく、親子が自然に触れ合う機会が増えます。

合わせて、開放的な見通しの良い子供部屋にしたり、子どもが遊べる場所を複数用意すると、動き回る子供の姿を常に把握しておくことができます。

 

例えば、本棚、勉強机、ワークデスクを兼ねたライブラリーや、料理中のママと話せるキッチンダイニングなど、家族が別のことをしていてもオープンなスペースがあれば、自然と導線が交わり、子どもはコミュニケーション能力を身に付けることができます。

子供の可能性を伸ばす家づくりをしませんか?

https://www.ds-iwata.com/

無料見積もり

Copyright©Design Studio. All Rights Reserved.